昨季28盗塁の藤村 打撃向上で倍増目指す

[ 2012年1月6日 06:00 ]

 巨人の藤村が打撃力向上での盗塁倍増を目指す。昨季は28盗塁で盗塁王に輝いたが「倍以上を目指したい。足も大事だが、出塁するためにも打撃が大事になる」と話した。

 巨人での50盗塁以上は83年の松本匡史の76盗塁以来で「レギュラーを獲れば見えてくる数字」と大台をにらんだ。グアム自主トレ2日目のこの日は阿部の指導の下、両足を広げ下半身を落とした打撃練習で振り込んだ。阿部がシーズン中も取り入れる練習法で、下半身強化と変化球に対応できる粘りが身に付く。「阿部さんに言われ打球の強さが変わった」と効果を実感。スパイクも昨季より軽くする予定で、快足に磨きをかける。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月6日のニュース