高木監督の“初夢”「ファンに胴上げされること」

[ 2012年1月6日 06:00 ]

 中日は年賀式で高木監督が新年のあいさつ。「ファンと共に」をスローガンに掲げた今季は「ファンに胴上げされること」という前代未聞の目標を定めた。

 外様中心の落合前監督時代には首脳陣の参加はほとんどなかった年賀式だが、新指揮官は多数のコーチを引き連れて出席。約250人の前で「何としても3連覇を成し遂げたい」と決意表明を行った。3連覇となればファンによる胴上げとなるが、佐藤良平球団代表は「できる場所、機会があればできる限り前向きに考えたい」と語った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月6日のニュース