青木練習披露のため渡米「いい契約できるよう頑張る」

[ 2012年1月6日 06:00 ]

笑顔で出発する青木

 入札制度で独占交渉権を獲得したブルワーズと交渉中のヤクルト・青木は、アリゾナ州の球団施設で練習を披露するために成田空港から渡米した。

 この日は30歳の誕生日で「思い出に残る日になった。練習には(ダグ・メルビン)GMも来るのでキャンプ地の施設や本拠地、球場も含めていろいろと聞いてみたい」と笑顔を見せた。球団首脳が視察する8日(日本時間9日)の練習に向け、年末年始は休まずにトレーニング。「持っている最高のプレーを出してアピールできればいい。いい契約ができるように頑張る」と決意を口にした。契約期限は東部時間17日午後5時(同18日午前7時)となっている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月6日のニュース