おかわり ヘッド細めの新型バットで目標55本塁打

[ 2012年1月6日 06:00 ]

 西武・中村が西武第2球場で始動した。昨季よりもヘッドの直径を2ミリ細くした6・7センチのバットを使い、ティー打撃とマシン打撃を計1時間行った。

 MLBの公式ルールにならい、今季からヘッドの直径が6・6センチまでとされ、変更を余儀なくされたが「ヘッドが細くなって多少扱いやすくなったので、今までよりも重くして大丈夫かな」と従来の920グラムに加えて930、940グラムのバットも試した。目標にはプロ野球記録の55本塁打を掲げ「打撃のことを聞いて来る人には何か伝えたい」と中心選手の自覚を口にした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月6日のニュース