田口退団 右肩手術へ…現役続行の思い強く慰留断念

[ 2011年10月14日 06:00 ]

パ・リーグ オリックス3-0ロッテ

(10月13日 京セラD)
 オリックスは13日、田口壮外野手(42)の退団を発表した。球団側は5日までに来季の戦力構想から外れていることを通達。指導者、球団スタッフ入りを打診したが、田口本人の現役続行の意思が強かったため、慰留を断念した。

 京セラドーム内で会見した村山良雄球団本部長は「指導者としていろいろなポジションを要望に沿って対応したいと言ったが、あれだけ現役を希望されたら難しい」と話した。田口は14日に右肩の手術を受け、21年目の来季に向けてリハビリを開始する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2011年10月14日のニュース