「肩はつくっていた」斎藤、出番なしも充実感

[ 2011年10月14日 13:56 ]

カージナルスに勝利し、笑顔で引き揚げるブルワーズ・斎藤(上)
Photo By スポニチ

ナ・リーグ リーグ優勝決定シリーズ ブルワーズ4―2カージナルス

(10月13日 セントルイス)
 ブルワーズの斎藤は7回に準備を始めたが、先発ウルフが三者凡退で切り抜けたため、出番はなかった。

 「最初は走者が出たら、次はプホルスまで回ったら(出番)と言われた」という41歳は、「いつでもいけるように肩はつくっていた」。体の疲労については「コーチが心配してくれたけど、大丈夫と答えた」と頼もしい。チームが敵地で逆転勝利を収め、2勝2敗としたとあって「この勝ちでまたいい戦いができる」と充実感を漂わせた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2011年10月14日のニュース