レンジャーズ指揮官はバーランダーに脱帽

[ 2011年10月14日 11:44 ]

レンジャーズ戦の6回、キンスラーを三ゴロ併殺打に打ち取り、ガッツポーズをするタイガースのバーランダー

ア・リーグ リーグ優勝決定シリーズ レンジャーズ5―7タイガース

(10月13日 デトロイト)
 レンジャーズは終盤にクルーズの今シリーズ5本目となる2ランなどで追い上げたが、リーグ連覇は持ち越しに。ワシントン監督は6回に1死満塁で得点できなかったことを残念がり「バーランダーに粘られた。タフな投手だという証拠だ」と相手エースに脱帽した。

 一方で先発ウィルソンはその直後に4点を勝ち越された。無死一塁でカブレラの打球が三塁ベースで跳ね、二塁打になる不運もあった。エース左腕は「これが野球。いくつか失投もあった」と険しい表情で言った。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月14日のニュース