横浜売却問題 巨人・渡辺会長「今月中に決まるのでは」 

[ 2011年10月14日 23:04 ]

 プロ野球巨人の渡辺恒雄球団会長は14日、東京都内で、横浜球団を保有するTBSホールディングス(HD)が球団売却交渉を進めている件について「今月中に決まるんじゃないか」と話し、交渉がまとまる見通しを示した。

 球団の譲渡は原則的に、新球団が参加する前年の11月30日までに実行委員会とオーナー会議の承認が必要となるが、渡辺会長はこれについても「TBSは決めるよ、12月前には。(来季に)間に合うと思う」と語った。しかし、具体的な売却先の企業については「どこかというのは、ぎりぎりのところでTBSもいろいろ考えている。ごく少数の幹部で考えていることだから」と話すにとどまった。

 ディー・エヌ・エー(DeNA)を軸に交渉しているとみられるTBSHDの石原俊爾社長は「まだわたしのところまで何も報告は上がってきていない。(交渉の状況は)聞いていない。決まったら、しっかり発表します」と繰り返している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月14日のニュース