CSに向け暗雲…不調の和田打てず今季19度目零敗

[ 2011年10月14日 06:00 ]

パ・リーグ 日本ハム0-6ソフトバンク

(10月13日 札幌D)
 日本ハムは左膝痛の稲葉、右足小指骨折の糸井を温存しての完敗とはいえ、CSファーストステージを勝ち上がった場合に対戦するソフトバンク相手に完敗。

 これで9月以降の対戦成績は1勝8敗1分けと歯が立たず。「そりゃ関係ない」と話す梨田監督も「和田は良くなかった。それでウチが点が取れない」と嘆いた。中田は第1打席は全てスライダー、第2、3打席はチェンジアップと直球のコンビネーションでの無安打に「見ての通りにやられました」。打線は今季19度目の零敗を喫した。

 ▼日本ハム・矢貫(今季初登板初先発で6回途中1失点も左膝に打球を当て負傷交代)痛みより悔しい気持ちが大きい。でも直球で空振りが取れたし次につながる投球ができた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2011年10月14日のニュース