先制打はすべて初球打ち ブランコ3日連続お立ち台

[ 2011年10月14日 06:00 ]

セ・リーグ 中日2-0ヤクルト

(10月13日 ナゴヤD)
 復調した中日の4番・ブランコが3日連続の勝利打点で3日連続のお立ち台に上がった。 初回2死二塁で左中間に適時二塁打。「最初に甘いボールが来るかもしれないから常に準備はしているよ」。3試合の先制打は全て初球を仕留めたもので、ここ一番で集中力を発揮している。

 6番・和田も6回2死一塁から左中間適時二塁打で貴重な2点目。前日に続き、ブランコと2人で全得点を叩き出し「東京ドームでもう一暴れしてきます」と高らかに宣言した。

 ▼中日・森野(24打席連続無安打の不振で3年ぶりの先発落ち)監督にはきょうだけだと言われた。ここまで出てきて責任感もあるし、公式戦に出ないのは重い。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月14日のニュース