斎藤通算6試合連続無失点 日本人最多は佐々木の7

[ 2011年10月14日 06:00 ]

ナ・リーグ優勝決定シリーズ第3戦 ブルワーズ3―4カージナルス

(10月13日 セントルイス)
 ブルワーズの斎藤は今ポストシーズンで5試合連続無失点。これはモット(カージナルス)らと並び最長タイだ。

 同一年度のポストシーズン連続無失点は、97年のM・ジャクソン(インディアンス)、98年のM・リベラ(ヤンキース)の10試合が最長記録。斎藤は、09年(当時レッドソックス)の地区シリーズから6試合連続無失点。日本人投手では佐々木主浩(マリナーズ=00~01年)の7試合連続無失点がトップ。斎藤の記録は岡島秀樹(レッドソックス=07年、08~09年の2度)と並び2位タイとなった。大リーグ全体ではリベラが98~00年にかけて達成した23試合連続無失点が最長記録。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2011年10月14日のニュース