ロッテ 打線組み替えも18度目の零敗…

[ 2011年10月14日 06:00 ]

パ・リーグ ロッテ0-3オリックス

(10月13日 京セラD)
 ロッテは打線の組み替えも実らず5連敗。角中を3年ぶりの1番に据え、大松を5番・DHで約2カ月ぶりにスタメン起用したが今季18度目の零敗を喫した。

 4回1死一、三塁の先制機で空振り三振に倒れた大松は「何とかしないといけなかった」。来季に向け、チームの立て直しに試行錯誤を続ける西村監督は「いろいろやっているけど結果として出ていない。みんなで覇気を出してやらないと」と前を向いた。

 ▼ロッテ・上野(4回2/3を3失点で6敗目。25歳の誕生日を飾れず)特別、気合が入っていたけど力んで空回りしてしまった。申し訳ない。悔しいです。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2011年10月14日のニュース