戦力外の大家 現役続行に意欲「経験はあるので」

[ 2011年10月14日 06:00 ]

 横浜は戦力外通告を受けた大家、橋本、稲田ら6選手が球団事務所と球場を訪れ関係者にあいさつした。

 大家は昨年4月に12年ぶりに国内復帰し7勝をマークしたが、今季は右肩痛にも悩まされて0勝6敗と振るわなかった。9月末には同箇所の手術も受けた35歳の右腕は「こだわりはない。どこに行っても経験はあるので。悔しさがなくなったら辞めます」と国内外問わず現役続行に意欲を見せた。また橋本、稲田も現役続行を希望している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2011年10月14日のニュース