敗戦の中にも光…左肩痛から復活の高橋が今季初登板

[ 2011年10月14日 21:12 ]

セ・リーグ 中日2―7巨人

(10月14日 東京D)
 左肩痛で開幕から2軍での調整が続いていた中日の高橋が、今季初登板を果たした。1―7の八回に3番手でマウンドに立ち、三者凡退で終えた。

 球速は140キロ前後と、まだ本来の150キロ近い球速は取り戻せていない。それでも「(復帰まで)長かったので、一球一球確かめるように投げた」と手応えをつかんでいた。昨季63試合に登板した左腕の復帰で、リーグ屈指の中継ぎ陣の層はより厚みを増しそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2011年10月14日のニュース