タイガース 「サイクル4連打」で一挙4点

[ 2011年10月14日 11:42 ]

レンジャーズ戦の6回、左中間に2ランを放つタイガースのヤング

ア・リーグ リーグ優勝決定シリーズ タイガース7―5レンジャーズ

(10月13日 デトロイト)
 自慢の打線が本領を発揮し、タイガースが踏みとどまった。

 2―2の6回だ。2番レイバーンから5番ヤングまで左前打、左翼線二塁打、右翼線三塁打、左越え本塁打と「サイクル4連打」で一挙4点を挙げ、7回にレイバーンのソロで突き放した。

 左脇腹痛を抱えるヤングは、4回にも本塁打。「ここ数試合でタイミングが戻っていた」と満足そうに話す。故障を押して出場を続ける4番マルティネスは「不可能なことはない。自分たちのことを信じている」と意欲満々だった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2011年10月14日のニュース