建山痛恨の満塁被弾「カウントを自分で悪くしている」

[ 2011年9月5日 06:00 ]

<レッドソックス・レンジャーズ>4回、クロフォードに満塁弾を浴びた建山

ア・リーグ レンジャーズ7―12レッドソックス

(9月3日 ボストン)
 レンジャーズの建山が満塁弾を浴びた。

 同点とされた4回1死一塁で登板したが、制球を乱してゴンザレスとオルティスを敬遠。2死満塁から右前打で勝ち越されると、クロフォードに甘く入った変化球を右翼席に運ばれた。「ああいった展開で名前を呼ばれたのは必要とされているということ。そこで結果を出せず余計に残念」と肩を落とした。最近4度の登板で3本塁打を許すなど計10失点。「(球が)高いし、カウントを自分で悪くしている」と反省点を挙げた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2011年9月5日のニュース