武内2戦連発弾 定位置獲りアピール

[ 2011年9月5日 06:00 ]

セ・リーグ ヤクルト1-4巨人

(9月4日 神宮)
 ヤクルトの武内が2試合連続アーチ。2回に直球を振り抜いて右越え2号ソロ。3日巨人戦(神宮)の最終打席から2打席連続弾となった。

 6回には右中間へ痛烈な当たりを飛ばし、相手守備陣がもたつく間に三塁を陥れる激走も。バレンティン、ホワイトセルの不振により、8月30日広島戦(神宮)から先発出場して5試合連続安打中。「少しでもダメだと外国人選手になるので、(好調を)長く続けていきたい」と話した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2011年9月5日のニュース