イチロー 3試合ぶりマルチで200安打まであと40

[ 2011年9月5日 08:45 ]

アスレチックス戦の8回、中前打を放つマリナーズのイチロー

 マリナーズのイチロー外野手は4日、オークランドでのアスレチックス戦に「1番・右翼」で5打数2安打1打点。内容は空振り三振、一ゴロ、右前打(打点1)、遊ゴロ、中前打で打率は2割7分5厘。試合はアスレチックスが8―5で勝った。

 イチローは4試合連続安打。3試合ぶりに複数安打もマークし、残り23試合で160安打とした。
 1本目は5回1死2塁での右前適時打だった。2ボールからアスレチックスの開幕投手ケーヒルの内角変化球を右前へ。2回の打席で一ゴロに打ち取られたのとほぼ同じ球だったが、わずかにスイングの軌道を修正して対応した。
 
 2本目は8回に速球派右腕バルフォアからのセンター返し。外寄り高めの92マイル(約148キロ)をしっかりバットの芯で捉えた。11年連続の200安打達成は依然として厳しいが、まだ十分望みがある状況は維持している。(共同)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2011年9月5日のニュース