巨人 神宮で今季初勝利で2位浮上!4番に復帰のラミV弾

[ 2011年9月5日 21:15 ]

7回、2ランを放ち三塁を回る巨人・ラミレス

セ・リーグ 巨人4-1ヤクルト

(9月4日 神宮)
 巨人が3連敗を免れ、神宮での今季初勝利を挙げ2位に浮上した。0―1の4回に「4番・左翼」に復帰したラミレスが同点打。7回にラミレス、坂本の連続本塁打で3点を奪った。

 ラミレスは「ああいった状況で本塁打を打てて、最高の気分。このまま4番としてチームに貢献できるように全力でプレーしたい」と語った。

 西村が6回1失点で6勝目。ヤクルトは好投の石川が7回に崩れ、連勝は3で止まった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2011年9月5日のニュース