24歳左腕がメジャー初登板で初打席初球本塁打

[ 2011年9月5日 06:00 ]

ナ・リーグ ナショナルズ8―7メッツ

(9月3日 ワシントン)
 ナショナルズの24歳左腕ミローンがメジャー初登板初先発の試合で、初打席初球本塁打の快挙を達成した。

 2回に左打席から90マイル(約145キロ)の直球を右翼席に運んだ。投手の初打席本塁打は史上18人目だが、初球アーチは06年5月のウェインライト(カージナルス)以来8人目。ミローンは「初球の直球を狙っていた。夢を見ているような感じだった」と喜んだが、肝心の投球では4回に4失点して勝利投手の権利までアウト2つの5回1死で降板。4回1/3を6安打4失点で白星は逃した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2011年9月5日のニュース