オリックス3連敗で借金10…岡田監督取材拒否

[ 2011年5月17日 22:49 ]

交流戦 オリックス4-5阪神

(5月17日 京セラD)
 古巣阪神に敗れ、ついに不名誉な“大台”に乗った。3連敗のオリックスは両リーグを通じて最初の借金10。岡田監督は阪神時代を含め、指揮官として初めて味わう2桁借金の屈辱だ。試合後は取材を拒否した。

 寺原が踏ん張れなかった。1―0の3回に4長短打を浴びて4失点。4回にも1点を失い、この回限りで降板した。寺原は「勝負どころでボールが高くなった。反省しなければいけない」と話した。打線は6回に1点差と迫ったが、ここまでだった。

 昨季は交流戦前に借金6。そこから立て直し、交流戦で頂点に立った。今季は黒星スタート。昨季の再現はなるのか?

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月17日のニュース