星野監督怒りの形相「一つの四球、暴投で野球はこうなるんや」

[ 2011年5月17日 22:44 ]

交流戦 楽天3-4巨人

(5月17日 Kスタ宮城)
 楽天は逃げ切り目前の9回2死から逆転を許した。星野監督は「一つの四球、暴投で野球はこうなるんや」と怒りの形相だった。

 1点リードの9回。抑えのサンチェスは先頭から2者連続三振を奪ったが、続く阿部に中前打されたところから力んで自滅した。暴投で二進を許し、敬遠の後に矢野には甘い直球をはじき返され同点。さらに四球で満塁とすると、円谷に初球を右前に運ばれ勝ち越し点を与えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月17日のニュース