また5月に…荻野貴 登録外れる

[ 2011年5月17日 17:54 ]

 ロッテの荻野貴司内野手が17日、右膝痛で出場選手登録を外れた。13日の楽天戦で違和感を覚え、その後、2試合を欠場していた。荻野貴は昨年5月に右膝を手術し、今季になって復活した。

 荻野貴は「(昨年の痛みとは)全然、違う。少し休めば、大丈夫だと思う」と話した。今季は外野から遊撃に転向し、ここまで23試合に出場。打率2割6分4厘、14盗塁をマークしていた。代わって、細谷圭内野手が出場登録された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月17日のニュース