中日が逆転勝ちで勝率5割!平井が今季初勝利

[ 2011年5月17日 21:57 ]

8回中日1死満塁、野本が右翼線に勝ち越し打を放つ

交流戦 中日6-5ロッテ

(5月17日 QVC)
 中日が逆転勝ちで勝率5割復帰。2―3の8回、先頭の荒木が遊撃への内野安打で出塁。「先頭なので、どうしても塁に出ようと思った」という執念が味方に勢いをもたらす。続く井端へのサインはエンドラン。井端は「百パーセント、バントだと思っていた。『おいおい!』って思った」と明かす。だが狙いは的中し、初球をたたいた打球は中前へ抜け、荒木は悠々と三塁を陥れた。

 直後に森野が初球を見逃さず、中堅へ打ち上げて同点の犠飛とした。「何でもいいからかえすことしか考えていなかった」と森野。さらに満塁から野本の2点打と代打堂上剛の適時打で加点した。平井が今季初勝利。

 ロッテは継投が決まらず、9回の反撃も届かなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月17日のニュース