巨人には必勝だ!星野監督「開幕戦4連勝」予告

[ 2011年5月17日 06:00 ]

練習前、選手の前であいさつをする種田内野守備コーチ(右端)の話を腕を組んで聞く星野監督。右から2人目は関川外野守備走塁コーチ

 今度も勝つ!日本生命セ・パ交流戦が17日、各地で開幕。地元・仙台で巨人を迎え撃つ楽天・星野仙一監督(64)は、堂々の「開幕戦4連勝」を予告した。

 今季はシーズン開幕、主催試合開幕、本拠地開幕とここまで3連勝。交流戦の開幕も勝って、浮上のきっかけにするつもりだ。前日には得点力不足解消のため、コーチ陣8人の配置転換をしたばかり。巨人を叩いて、チームは再スタートを切る。

 星野監督は、自らに言い聞かせるように予言した。今季4度目の「開幕戦」は、すでに勝利が確定しているかのような口ぶりだった。

 「開幕は勝つことになっているからな。今度は4つ目か。投手が頑張って3つ獲ってくれたからな」。指揮官は開幕前、4月12日のシーズン開幕(対ロッテ、QVCマリン)、同15日の初の主催試合(対オリックス、甲子園)、同29日の本拠地開幕戦(同、Kスタ宮城)の3つの開幕試合があると話していた。

 ロッテ戦は岩隈、オリックス戦2試合は田中の好投で3試合とも白星で飾った。そして迎える4度目の開幕。それも緊急人事で生まれ変わったチームの初戦となれば、何より勝利を欲するのは当然だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月17日のニュース