故障者続出の巨人 育成2選手の支配下登録検討

[ 2011年5月17日 06:00 ]

 巨人が育成選手の福元淳史(27)、山本和作(24)両内野手の支配下登録を検討していることが16日、分かった。

 「検討も最終段階に入っており、ここ数試合の結果を見て判断したい」と清武英利球団代表。早ければ今週末にも結論を下す。チームは高橋由、小笠原、亀井ら主力に故障者が続出。非常事態に対応するため、2軍で好成績を残す2選手に白羽の矢を立てた。今後、数試合の成績を加味して最終判断するが、結果次第では2人同時に登録される可能性もある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月17日のニュース