種田&関川コーチ1軍合流 役割は「しかられること」

[ 2011年5月17日 06:00 ]

<楽天練習>聖沢(右)に走塁の指導をする関川外野守備走塁コーチ

 2軍から配置転換された楽天の種田内野守備コーチと関川外野守備走塁コーチが、1軍の全体練習に合流した。

 ともに中日時代の星野監督の教え子。役割を理解し「僕らの仕事は元気を出すことと、監督にしかられることです」と口をそろえた。種田コーチは精力的にノックを行い「楽天はおとなしい選手が多い。選手が声を出せる雰囲気をつくっていきたい」。2年ぶりの1軍コーチとなった関川コーチは「1軍で再び勝負の世界を味わえることが楽しみ」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月17日のニュース