ヤクルト 小川監督「何から何までこの1週間は最悪」

[ 2011年5月13日 06:00 ]

 神宮室内練習場のヤクルト全体練習がダブルブッキング状態となった。午後0時15分開始予定だったが、正午からテレビ局が別番組の収録で使用。予約段階で行き違いがあったもようで、小川監督は「ヤクルトが待った方が丸く収まる」とチームをクラブハウスへ引き揚げさせ、収録終了後の午後1時から打撃練習を開始した。

 10、11日の中日戦(金沢、富山)は雨天中止。11日は帰京便の欠航で富山から電車移動するなど踏んだり蹴ったり。指揮官は「何から何まで、この1週間は最悪だ」と苦笑いだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月13日のニュース