打撃不振でも…グスマン、好守で勝利に貢献

[ 2011年5月13日 22:09 ]

セ・リーグ 中日4―2阪神

(5月13日 甲子園)
 中日の右翼手グスマンが、好守で阪神ファンにため息をつかせた。

 先制した直後の4回は、2死二塁で新井の大飛球を背走しながら好捕。6回にも代打・林威助の右中間の当たりを中堅手の野本と交錯しそうになりながらグラブに収めた。この回はさらに2死二塁のピンチで、鳥谷の右前打で本塁を突いたマートンを好返球でアウトにして失点を防いだ。

 「きょうは守りで貢献できた」と話したが、打撃不振で笑顔はなし。それでも笘篠外野守備走塁コーチは「もともとポテンシャルはあった」と褒めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月13日のニュース