斎藤「落ち込む必要はないし、落ち込むことでもない」

[ 2011年5月13日 07:18 ]

 8日のソフトバンク戦(札幌ドーム)で左脇腹を痛め、「左内腹斜筋の筋挫傷で全治2~3週間」と診断された日本ハムのドラフト1位・斎藤が12日、Kスタ宮城で4日ぶりにキャッチボールを行った。

 斎藤はこの日の練習後、チームから離れて帰京。13日以降は千葉県鎌ケ谷市の2軍施設でリハビリを開始する。梨田監督は「慌てさせて同じ箇所を故障させるわけにいかない」と慎重だが、斎藤自身は違った。「落ち込む必要はないし、落ち込むことでもない。今は前を向いてる。実戦復帰も早ければ早いほどいい」。1軍復帰まで1カ月前後とみられる予想も覆す意気込みだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月13日のニュース