ウェークフィールド、レ軍最年長登板…44歳282日

[ 2011年5月13日 06:00 ]

ア・リーグ レッドソックス3―9ブルージェイズ

(5月11日 トロント)
 ナックルボーラーのレッドソックス・ウェークフィールドが7回2死二、三塁から登板。44歳282日での出場は、1908年にプレーしたディーコン・マグワイアの44歳280日を上回る球団最年長記録となった。

 「それだけ長く継続してこれたということ。誇りに思っています」と語ったが、チームの敗戦に表情は複雑だった。また、松坂は16日(日本時間17日)のオリオールズ戦先発へ、キャッチボールなどで調整。中7日と間隔が空くが「難しさは特にない。余計な(体の)張りを出さないようにしたい」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年5月13日のニュース