魅せた!新井、炎のヘッドスライディング

[ 2011年5月13日 06:00 ]

<神・広>1回1死二塁、左越えに適時打を放った新井は三塁に滑り込む 

セ・リーグ 阪神11-4広島

(5月12日 甲子園)
 阪神・新井が雨の中で気迫のヘッドスライディングを見せた。

 初回、1点差とし、なおも1死二塁で左翼フェンスに直撃の同点適時打。外野手が処理にもたついているのを確認すると、激走で三塁に頭から滑り込んだ。「頭から?無意識でした」。2点を先制された直後だけに、主砲の熱いプレーが打線に火を付けた。

 ▼阪神・マートン(6回先頭で13試合ぶりの本塁打となる3号ソロ)感触はまあまあ。ホームランだけじゃなくて、他の仕事もできた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月13日のニュース