あと1本出ず…ベイ1日で最下位に逆戻り

[ 2011年5月13日 06:00 ]

<巨・横>8回無死一、二塁、横浜はハーパーの右前打で二走・金城が生還し1点差に迫ったが…

セ・リーグ 横浜1-2巨人

(5月12日 東京D)
 1点届かず、横浜は4年ぶりの6連勝は逃した。2点を追う6回2死満塁で内藤、1点差に詰め寄った直後の8回2死一、二塁では藤田が代打に立ったが、ともに空振り三振。尾花監督は「(代打が)そういつも打ったら大変なこと。こういう試合を拾えればいいんだけど」と悔しさを押し殺した。

 前日に3位に浮上したのもつかの間、再び最下位に転落したが、主将の村田は「1点取ったのはあすにつながる。ここで連敗すれば連勝の意味がなくなるので、次が大事」と、13日からの首位ヤクルトとの3連戦を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月13日のニュース