バリントン開幕5連勝ならず「調子は良かったが…」

[ 2011年5月13日 21:38 ]

4回、ラミレスに先制2ランを浴び舌を出す広島・バリントン

セ・リーグ 広島0―3巨人

(5月13日 マツダ)
 広島の新外国人バリントンは7回3失点と試合をつくったが、援護がなく、開幕5連勝はならなかった。「調子は良かったが、2、3球の失投をとらえられてしまった」と、本塁打を浴びた投球を悔やんだ。

 阪神戦の降雨中止の影響で、前回登板から中7日も空いたが「全然問題なかった」と言う。来日初黒星に「いつかは必ず負ける。明日からまたしっかり練習して、次の試合に向けて準備したい」と気持ちを切り替えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月13日のニュース