フィガロ来日初勝利!助っ人デーだ、ヘスマン同点ソロ

[ 2011年5月13日 06:00 ]

<ソ・オ>ソフトバンクに勝利しナインを出迎える岡田監督(左)と初勝利のフィガロ

パ・リーグ オリックス2-1ソフトバンク

(5月12日 ヤフーD)
 オリックスのフィガロが4度目の先発で6回1失点と粘り、来日初勝利を手にした。150キロ台の直球を連発。最大の危機は4回だった。先制を許し、さらに2死一、三塁では中村を低めのチェンジアップで右飛に仕留め、切り抜けた。

 打線も応え、6回には岡田監督が「あれで流れが変わった」と称えたヘスマンの来日2号ソロで同点。7回には勝ち越し。11日には岡田監督がオリックスで指揮を執ってからのワーストを更新する借金8の屈辱。ドミニカ共和国出身の右腕は「きょう(12日)の勝ちはチームにとっても大きい。これからも勝利に貢献していきたい」と笑顔をみせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月13日のニュース