小林宏が誤算…藤川投入タイミングも裏目

[ 2011年5月4日 19:05 ]

セ・リーグ 阪神3-4巨人

(5月4日 東京ドーム)
 阪神の継投は完成間近でほころびた。先発下柳が5回を投げきって降板した時点で3―2。6回を榎田、7回は久保田が三者凡退とし、バトンは順調につながっていたが、8回から登板した小林宏が誤算だった。先頭の坂本に中前打。2死三塁からラミレスには内野安打で同点とされた。9回は渡辺が二塁打と野選で無死一、三塁とされたところで守護神の藤川を送ったが、実松に決勝打を許した。藤川は「三振を取ろうと投げた。やるべきことをやったが、うまく打たれた」と肩を落とす。真弓監督は「イニングを考えた」と、延長戦を頭に入れて藤川を9回の最初から使わなかったが、裏目に出た。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月4日のニュース