番長1回KOも 横浜 広島に久々勝利

[ 2011年5月4日 17:17 ]

8回横浜2死一、二塁、村田が右翼線に勝ち越しの二塁打を放つ

セ・リーグ 横浜5―4広島

(5月4日 マツダスタジアム)
 横浜が連敗を3で止めた。4―4の八回2死一、二塁から村田の右越え二塁打で勝ち越した。5番手の真田が2勝目。先発の三浦が1回3失点で降板したが、細かい継投で流れを引き寄せ、昨季からの対広島戦の連敗を10で止めた。広島は救援陣が踏ん張れなかった。

 ▽三浦(先発したが、1回3失点で降板)「みんなに迷惑を掛けて申し訳ない」

 ▽山口(4セーブ目)「こうやって1試合1試合、抑えとしてチーム全員の信頼を得ていきたい」

 ▽渡辺(3安打)「前回(篠田に)やられていたから、やり返すだけだった。絶対にあきらめない気持ちでやれている」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月4日のニュース