拙攻 ミス…星野監督「きちっと仕事をせなあかん」

[ 2011年5月4日 17:56 ]

パ・リーグ 楽天2―4ソフトバンク

(5月4日 ヤフードーム)
 楽天は安打数で相手打線を上回りながら拙攻で3連敗。星野監督は「もったいない。きちっと仕事をせなあかん」と残念がった。

 2―3の六、七回の送りバント失敗が痛かった。ともに無死一、二塁で六回は代打の平石が失敗を続けて結局は空振り三振。七回は中村が送れず併殺となった。平石は「僕のせいです。(バントを)できなかった。それが全て」と言葉少な。五回に2点適時打を放っている中村も「あそこ(七回)で点が入っていたらもっと接戦になっていた」と肩を落とした。

 ここまでのチーム総得点50はリーグワーストタイ。「打つべき人が打っていない」。指揮官は攻撃陣への不満を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月4日のニュース