ダル9回ヒヤリ…今季最多136球熱投で3勝目

[ 2011年5月4日 06:00 ]

<オ・日>8回2死、坂口の打球を好捕するダルビッシュ

プロ野球 パ・リーグ 日本ハム6-3オリックス

(5月3日 京セラD)
 日本ハム・ダルビッシュは打線、そして中田の援護で今季3勝目が転がり込んできた。「あそこ(9回)は仕方ない。サヨナラにさせなくてよかった」と苦笑いを浮かべた。2点リードで迎えた9回だったが、2死一、二塁から代打・ヘスマンに左前打を浴びて1点差。続くバルディリスは3球連続直球と力でねじ伏せにいったが、結果的には右前に同点打を許してしまった。

 「力勝負しかないと思った。スライダーを投げて大きいのを打たれるよりは、直球で右前に打たれた方がいい」。この日は序盤から多彩な変化球を駆使してオリックス打線をほんろうしたが、土壇場では最悪の展開を回避するために変化球を封印した。今季最多の136球。9回まで引っ張った梨田監督も「球数が多いのは気になったが、6連戦の頭だし完投してほしかった。白星がついたからよかったよ」と、胸をなで下ろした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月4日のニュース