「一番ええピッチャーが…」岡田監督ガックリ

[ 2011年5月4日 06:00 ]

<オ・日>さえない表情のオリックス岡田監督

プロ野球 パ・リーグ オリックス3-6日本ハム

(5月3日 京セラD)
 オリックスは2点を追う9回、難敵・ダルビッシュから代打・ヘスマンとバルディリスが連続適時打。同点に追いついたのもつかの間、守護神・岸田が誤算だった。

 延長10回2死無走者から四球をきっかけに3失点。7回には木佐貫を救援した平野が勝ち越されており、岡田監督は「平野、岸田も打たれてな…。うちの中で一番ええピッチャーが打たれて、こういう形になるわけやから」と苦り切った表情で振り返った。

 ▼オリックス・ヘスマン(9回2死一、二塁で右前打。来日初安打がダルビッシュからの適時打)北京五輪で対戦して、その時からいい球を投げていた。結果を気にせず、強い当たりを打とうと思った。

 ▼オリックス・平野(7回に勝ち越しを許し)あそこで任されたからには0点で抑えたかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月4日のニュース