中継ぎ陣踏ん張れず…5連敗に渡辺監督タメ息

[ 2011年5月4日 06:00 ]

<西・ロ>6回2死満塁、藤田は、井口(奥)に左越え逆転満塁弾を打たれガックリ

プロ野球 パ・リーグ 西武5-10ロッテ

(5月3日 西武D)
 西武打線は成瀬から5点を奪ったが、中継ぎ陣が踏ん張れずに1分けを挟んで今季2度目の5連敗を喫した。

 6回2死二、三塁で登板した2番手・藤田が井口に逆転満塁弾。続く平野も失点を重ねた。西武ドーム開幕戦を落とした渡辺監督は「ワク(涌井)は球数が多かったしちゅうちょなく代えたけど、あまりに大誤算だった」。ここ12試合で1勝10敗1分け。守護神・シコースキーが右肘痛で、藤田とともにきょう4日に出場選手登録を抹消される。指揮官は「悪い流れを何とか断ち切りたい」と前を向いた。

 ▼西武・片岡(5回に1号ソロを放つなど今季初の3安打)本塁打はこすった感じでした。勝てなかったのが残念です。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月4日のニュース