飯原、代打V撃!中日に7連勝ヤ!貯金6ヤ

[ 2011年5月4日 06:00 ]

<ヤ・中>7回1死二塁、代打・飯原が左翼線に勝ち越し適時打二塁打を放ち、一塁ベンチへ向かってガッツポーズ 

プロ野球 セ・リーグ ヤクルト5-3中日

(5月3日 神宮)
 ヤクルト同点の7回1死二塁。代打・飯原がカットボール気味の直球を左翼線へ運んだ。今季初打点が勝ち越し打となり「思い切っていこうと考えていた。開幕から良くなかったのでうれしかった」と話した。

 昨季は自己最多の15本塁打も今春キャンプ終盤からフォームを崩して低迷。4月17日に2軍落ちした。晩酌もできないほど落ち込んだが埼玉・戸田で連日、特打を行い、ビデオでも研究。宮本から届いた激励の携帯メールは保存して心の支えにした。

 勝ち越し打の後、続く青木の中前打で二塁から一気に生還してガッツポーズしたが、宮本からは「ヒットを出すのが遅い」と突っ込まれた。チームは昨季から中日に7連勝。今季最多の貯金6で首位をキープした小川監督も「よく打ってくれた」と目を細めた。

 ▼ヤクルト・林昌勇 (日本通算99セーブ目)(100セーブは)あす決めます。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月4日のニュース