村田主将の意地!「スをカバーしようという気持ち」見せた

[ 2011年5月4日 19:16 ]

8回横浜2死一、二塁、村田が右翼線に勝ち越しの二塁打を放つ

セ・リーグ 横浜5―4広島

(5月4日 マツダスタジアム)
 横浜の村田が8回に勝ち越し二塁打を放った。「けん制でアウトになったり、バントで送れなかったり。そういう(チームの)ミスをカバーしようという気持ちで打席に入った」と、主将の意地を見せた。

 前回は完封を許した篠田から、3回には全力疾走の内野安打を放って好機を広げ、ここから一挙4得点。「篠田には、いつも気持ち良く投げられていたからね」と、してやったりの表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月4日のニュース