攻めの気持ちなく…横浜未来のエース高崎無念

[ 2011年5月4日 06:00 ]

<広・横>4回1死一塁、高崎は梵(右)に四球を与える

プロ野球 セ・リーグ 横浜2-3広島

(5月3日 マツダ)
 横浜の先発、高崎には攻めの気持ちがなかった。1点をリードされた4回1死一塁から、1番・梵にストレートで四球を与えた。直前には福井のバント失敗(三振)で1死を奪った。試合の流れを一気に引き寄せられた場面で、自ら流れを手放した。

 最初の2球、直球は内角低めに外れた。「低く低くの意識だったけど、広島打線の調子がいいので、慎重にいきすぎた」と振り返る高崎に、捕手の武山は「この2球が全て。(広い意識の)ゾーン勝負だったけど。三振後だけにもったいない。攻める気持ちが消えていた」。チーム打率・266と好調な広島打線、それを引っ張る梵には初回に左翼線二塁打を浴び、2回にも四球を与えていた。ストレートの四球後、1死満塁としてこの回2点を失って高崎はマウンドを降りた。チームは連敗中。勝ちたい意識が強かったばかりに、長打が少ない1番打者を警戒しすぎて墓穴を掘った。

 「きょうは無死でもピンチのように投げていた。もっと大胆でいい」と吉田投手コーチも苦言を呈した。尾花監督が将来のエースにと期待する25歳は「制球とテンポが悪かった」とうなだれた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月4日のニュース