栗原 通算500打点も試合は敗れ「ずるずるいってしまった」

[ 2011年5月4日 18:03 ]

セ・リーグ 広島4-5横浜

(5月4日 マツダスタジアム)
 広島の栗原が通算500打点を達成した。1点を追う5回無死三塁で、篠原の外角直球を「うまいことバットに引っ掛かった」と左前に運び、今季10打点目で節目の記録に到達した。

 ただ、試合には敗れたため「いい時はいいけど、悪い時は悪い。(一回に)3点取った後の攻撃でずるずるいってしまった」と喜ぶ姿はなかった。

 ▽梵(初球を先頭打者本塁打)「打ったのは真っすぐの甘いコース。抜けるとは思ったけど、よく入ってくれた」

 ▽野村監督(篠田に)「彼らしさが発揮できなかったのは痛い。ビッグイニングをつくられるのはもったいない」

 ▽広島・大野投手チーフコーチ(篠田に)「リズムに乗ってくれればよかったけど。思ったところに投げられていなかった」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月4日のニュース