×

ラグビー神戸が最多得点締め ディロン・ヘッドコーチは今季限りで退任か

[ 2022年5月9日 12:46 ]

ラグビーリーグワン最終節   神戸74-34浦安 ( 2022年5月8日    ユアスタ )

 リーグワンの神戸は最終戦となった浦安戦を74―34で勝利し、今季最多得点で締めた。

 WTB山下楽が4トライを奪うなど大活躍。今季限りで退団する南アフリカ代表CTBアムもトライを決めて、“有終の美”を飾った。

 コロナ禍で3試合が中止になるアクシデントに見舞われたとはいえ、初代王者を目指しながらプレーオフにも進出できず終了。18年度にトップリーグ制覇へ導いたデーブ・ディロン・ヘッドコーチは今季限りで退任の可能性が高い。体制を見直して再出発することになる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年5月9日のニュース