×

山下 始めた新ルーティンで消えた迷い パーオン率全体1位75%の要因に

[ 2022年5月9日 05:30 ]

女子ゴルフツアー ワールド・サロンパス・カップ最終日 ( 2022年5月8日    茨城県 茨城GC西C=6680ヤード、パー72 )

山下美夢有のドライバーショットのルーティーン3
Photo By スポニチ

 【GOLF追球】山下は3戦連続予選落ちからのメジャー初制覇、その裏には今大会から始めた新たなルーティンがあった。1Wからパターまで全て同じ動き。まずスパット(目標方向への基準となる目印)を決めて、次にそこにクラブのフェース面を縦に合わせる。そして、そのフェース面と平行になるよう目標方向にアドレス。これにより狙いが明確になった。

 山下は明かす。「決めたところに構えられず迷うことが多く、スイングに影響していた。決め打ちできるのはこれかなと思った」。新ルーティンによって、スイング時の迷いが消えた。これが、リズムの修正とも相まってパーオン率75%は全体1位、フェアウエーキープ率82・14%は全体4位(ともに4日間)と高精度のショットを放ち続けることができた要因。メジャーセッティングの難コース攻略へとつながった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年5月9日のニュース