×

大荒れ模様の夏…御嶽海敗れ、正代は連敗 黒星発進の照ノ富士と貴景勝は初日 琴ノ若は大関連破

[ 2022年5月9日 18:21 ]

大相撲夏場所2日目 ( 2022年5月9日    東京・両国国技館 )

小手投げで高安を破る照ノ富士(上)(撮影・西海 健太郎)
Photo By スポニチ

 大相撲は9日、夏場所2日目を迎え、初日に小結・大栄翔に敗れた横綱・照ノ富士(30=伊勢ケ浜部屋)が平幕の高安と対戦。小手投げで制し連敗は阻止した。

 大関・御嶽海は小結・豊昇龍と対戦し押し出しで敗れ2日目にして黒星がついた。初日、黒星スタートの貴景勝は平幕・霧馬山に寄り切りで白星。しかし同じく1勝目を狙った正代は平幕・琴ノ若に突き落としで敗れ連敗となった。

 春場所を制した関脇・若隆景は平幕・玉鷲と対戦し、引き落としで敗れた。初日に照ノ富士を下した大栄翔は、平幕・隆の勝に突き落としで黒星を喫し、ともに連勝を逃した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年5月9日のニュース