×

二所ノ関親方 初の審判に「近くで見ると緊張感がある」呼び上げには拍手

[ 2022年5月9日 05:30 ]

大相撲夏場所初日 ( 2022年5月8日    両国国技館 )

<大相撲夏場所初日>初めて土俵下で勝負審判を務めた二所ノ関親方
Photo By 共同

 今場所から審判部に配属された二所ノ関親方(元横綱・稀勢の里)が初めて勝負審判を務めた。この日の出番は三段目と幕内前半。紋付きはかま姿で座り「近くで見ると緊張感ありますね。碧山とか妙義龍が視界に入ると懐かしさを感じた」と振り返った。

 館内放送で名前を呼び上げられると大きな拍手を浴びた。「これから際どい相撲もあると思うので、もっともっと集中して見守りたい」と抱負を述べた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年5月9日のニュース