×

照ノ富士 休場明け完敗…影潜める力強さ 八角理事長は相撲勘の鈍り指摘

[ 2022年5月9日 05:30 ]

大相撲夏場所初日 ( 2022年5月8日    両国国技館 )

<夏場所初日>大栄翔(右)に押し出しで敗れる照ノ富士(撮影・久冨木 修)       
Photo By スポニチ

 何度も首をひねりながら引き揚げる姿が不安を倍増させた。休場明けの照ノ富士は大栄翔に何もできずに押し出された。

 全く粘れずに左足が土俵を割り、八角理事長(元横綱・北勝海)は「どんどん押されて、あれあれという間に足が出てしまった感じかな」と相撲勘の鈍りを指摘した。4月24日の合同稽古最終日に参加するなど意欲を見せたが、本来の力強さは影を潜めている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年5月9日のニュース